読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮面女子が受賞したゴールデン・バード賞の胡散臭さ

前回の記事アイドル「仮面女子」の殺人予告の報道の違和感 に引き続き「仮面女子」について取り上げます。

仮面女子 - Wikipedia

仮面女子(かめんじょし)は、日本の女性アイドルグループ。所属事務所はアリスプロジェクト

“最強の地下アイドル”としてジェイソンマスクのアリス十番、ガスマスクのスチームガール、鉄仮面のアーマーガールズ3つの仮面ユニットからなる大型グループ

仮面女子は「アリス十番」「スチームガールズ」「アーマーガールズ」という3つのグループで構成されているそうです。

仮面女子のメンバーであり、スチームガールズのメンバーである「神谷えりな氏」の受賞歴は以下の通りです。

神谷えりな - Wikipedia

受賞歴

日本メディア協議会 2012年ゴールデンバード賞 新人賞(スチームガールズとして)
日本メディア協議会 2014年ゴールデンバード賞 新人賞(仮面女子として)
ZAK THE QUEEN 2015年度グランプリ

この「日本メディア協議会 2012年ゴールデンバード賞 」とは、どんな賞なのか。


【ゴールデン・バード賞】スチームガールズが新人賞に!ガスマスクでゲストの度肝抜いた! - Newsより引用して紹介します。

f:id:bochibochinisshi:20170209001830j:plain

アリスプロジェクト所属のアイドルユニット『スチームガール』が11日、都内で行われた『第1回ゴールデン・バード賞授賞式』に出席。新人賞を受賞した。

 日本メディア協議会の企画・運営のもと、同授賞式を開催。昨年3月11日に発生した東日本大震災以降、震災復興に協力した方々に感謝の意味を込め、ゴールデン・バード賞が設立され、1年を通してメディアを通じて、元気・勇気を与えた人に同賞が贈られた。

この「ゴールデン・バード賞」には、他にも受賞者がいるようです。
塩谷瞬は冨永愛の代わり!? 胡散臭い「ゴールデン・バード賞」 婚活ニュースより引用

メディアを通じて元気・勇気を与えた人?
モデルの冨永愛と料理研究家の園山真希絵との“二股交際”で話題となった俳優の塩谷瞬。騒動を機に一気に全国区になった彼が、意外な賞を受賞した。

塩谷が受賞したのは、「1年を通して、メディアを通じて、元気・勇気を与えた人」に贈られるという「ゴールデン・バード賞」。都内で行われた授賞式に出席した塩谷は、壇上で俳優業の難しさなどを語ったものの、二股騒動についてのコメントはなかった。

塩谷の他には、俳優・松方弘樹と女優・仁科亜季子を両親に持つタレントの仁科仁美や、“ぶってぶって姫”としてお馴染みの姫井由美子参院議員らが受賞している。


デヴィ夫人が内幕を暴露
よく分からない人選のゴールデン・バード賞だが、デヴィ夫人はブログでこの賞の内幕を暴露。それによると、同賞は「芸能界きってのペテン氏・寺西一浩」が主催したもので、当初は桂由美米倉涼子片岡愛之助、そして冨永愛へ贈られる予定だったとか。しかし4人に次々と断られてしまったのだという。

ゴールデン・バード賞は、受賞を断る人がいるほど、ちっぽけな賞です。しかも、ゴールデン・バード賞の主催者である「寺西一浩」は様々な詐称トラブルを起こしている人物です。


【類友?】赤西仁に近づく詐欺師と呼ばれた映画監督がやばすぎる!: 最新芸能ニュースだZより引用

寺西一浩さんのことを調べてみたのですが、ざっと並べるだけでこんな情報が出てきました。

・ 「社団法人日本音楽家協会」(東京)で、会員も理事も知らぬままいつの間にか会長に就任し、当然のごとくモメる。


・ 「田中真紀子元外相の隠し子」と名乗り、歌手の雪村いづみなどのパーティーをやステージを運営し、多額のお金をだまし取る。


学歴詐称疑惑(ハーバード大学


島倉千代子さんの所属事務所の代表に「田中真紀子の隠し子」と偽り就任し、その後、トラブルに。

…とこんな感じです。


映画監督といっても様々なジャンルに手を出しておられ、テレビなどにも出演しているそうですが、芸能界では寺西さんのことを怒っている大物が多数いるようです。

ちなみに、寺西氏は下記の写真の一番右にいる人物です。

f:id:bochibochinisshi:20170209010833j:plain
(左から、山岸伸先生宮地尚子ちゃん、僕)
銀座 | 寺西一浩オフィシャルブログ「This is Love」Powered by Amebaより引用

この写真の左端に映る男性「山岸伸氏」は、アイドル写真家です。

この山岸氏のブログでは、仮面女子のプロデューサーである「池田せいじ氏」とも交流があったことが伺えます。

アイドルブログ 写真家山岸伸・撮影日記 | 201101より引用

2011.01.31 Monday
author : 写真家 山岸伸
午後のお客さま
クリーブラッツ社長の池田せいじさんから「麻布かりんと」のお饅頭を頂きました!

いやぁ!!久しぶりにこんなうまいものを食べました!

山岸氏というカメラマンを介して、仮面女子プロデューサーの池田せいじ氏とゴールデン・バード賞主催者の寺西一浩氏は接点があったかもしれません。

池田氏がカメラマン山岸氏のコネをつかい、自分の事務所のアイドル「仮面女子」を、寺西氏に紹介して、中身のない賞を受賞させた。さすがに無理がある推測かもしれません。

ただ、2012年10月21日に活動開始した地下アイドル「スチームガールズ」が、胡散臭い寺西一浩氏の主催した第1回ゴールデン・バード賞を2012年11月11日に受賞したことには間違いありません。

さらに、2014年には仮面女子として、第3回ゴールデン・バード賞新人賞も受賞しています。

日刊アイドル【地下アイドル最新ニュース】 諸星和己(元光GENJI)と長谷川穂積(ボクシング世界王者)が地下アイドル:仮面女子と奇跡の共演!!!

2014年10月30日(木)、仮面女子がまた、地下アイドルの歴史を動かした。

場所は国立代々木第二体育館にて開催の、日本最大級の男性ファッション&音楽イベント
「第5回東京ボーイズコレクション」。

ステージ上では仮面女子が、そうそうたる著名人の中から「第3回ゴールデン・バード賞 新人賞」を
受賞すると言う快挙

f:id:bochibochinisshi:20170209014947j:plain

授賞式後の仮面女子ライブでは、花道を使った大人数でのパフォーマンスに会場も盛り上がる。

上記の写真を見てほしい。ゴールデン・バード賞を受賞者である麻生太郎の名前があります。

第1回ゴールデン・バードはかなり胡散臭いものだったが、第3回で大物政治家が受賞者になる賞に変貌しています。その経緯はどういったものか?

以下のサイトを引用して考えてみます。

第5回東京ボーイズコレクション華やかに開催!麻生太郎内閣副総理も祝辞 -- Record China

2014年10月30日、日本最大級の男性ファッション&音楽イベント「第5回東京ボーイズコレクション」(主催:HumanPictures、後援:外務省、文部科学省スカパー!、シェアハウスヤドカリ他)が国立競技場代々木第二体育館で華やかに開催された。5回目のテーマは「ユニバーサル社会の実現」。

(中略)

今回、サンケイスポーツとのコラボレーション企画である「Mr.ボーイズオーディション」も開催され、主宰・総合演出の寺西一浩監督や審査員の浜田ブリトニーが盛り上げる中、投票の結果、春日純がグランプリに輝いた。

東京ボーイズコレクション開催について、麻生太郎内閣副総理兼財務・金融担当大臣は「第5回東京ボーイズコレクションの開催、おめでとうございます。若者文化を、ファッションという形で日本、そして世界に発信していく。とても有意義で、素晴らしい活動です。主催者、出演者、そして来場者の皆さん、全てに敬意を表します。今回のコレクションが、こうした取り組みを広げていくきっかけとなり、さらにはコレクション自体の飛躍にもつながるよう心から期待しています。」と祝辞を贈った。

そして、1年を通してメディアで活躍した著名人を表彰する「第3回ゴールデン・バード賞」も併催し、麻生太郎副総理竹中ナミ諸星和己長谷川穂積、鈴木徹、佐藤圭太、佐藤圭一、宮島徹也、土子大輔、植木隆人、新人賞には、SOLIDEMO、仮面女子、KIMIN、久保田秀敏、渋谷じゅんらが授賞。主宰でエグゼクティブプロデューサーの大原英嗣社長(第2回ゴールデン・バード賞授賞)からバードトロフィーと副賞としてアンファー、メイクアップ社から景品が贈られた。

第5回東京ボーイズコレクションと第3回ゴールデン・バード賞の模様は、BSスカパー!(BS241チャンネル)で11月15日に放送予定。

ゴールデン・バード賞の第1回と第3回の変更点は、主催者が寺西一浩氏からエグゼクティブプロデューサーの大原英嗣社長に変更していることです。



f:id:bochibochinisshi:20170209100159j:plain

この写真は、左から寺西一浩氏中島知子氏、大原英嗣氏です。寺西氏と大原氏もつながりがあるみたいです。
出典元:中島知子さん、大原英嗣プロデューサーと(^^) | 寺西一浩オフィシャルブログ「This is Love」



第3回目では寺西氏は、ゴールデン・バード賞の受賞式と一緒に開催されていた「Mr.ボーイズオーディション」の主宰・総合演出の寺西一浩監督として関わっています。

その点で、第3回ゴールデン・バード賞も寺西氏の胡散臭さが残っているかもしれません。

また、第3回ゴールデン・バード賞は、後援に「外務省、文部科学省がつく「第5回東京ボーイズコレクション」というイベントと併催されるビックイベントに成長しています。

そんなイベントに、地下アイドルが新人賞を受賞している。アイドルの実力で獲得した賞なのか、イベント関係者と枕営業をして獲得した賞なのか。考えてしまいます。

「仮面女子」について調べば、調べるほど周囲の動きの怪しさが目立ちます。

上手く言えないですが、私個人としては仮面女子には違和感がつきまといます。